第39回 現金1000万円プレゼント当選者インタビュー

第39回 現金1000万円プレゼント当選者 私、現金1000万円が当たりました!

当選者の気になる”その後”追っかけインタビューはこちら
独立して起業する母の仕事の援助など、自分の周りの大切な人のために使いたいです

「第39回現金1000万円プレゼント」は、初回抽選の当選者が当選手続きをせず、再応募&再抽選の結果、岐阜県のS・Mさんに当選が決定しました! 現金1000万円プレゼントは、抽選後168時間以内に当選者が当選手続きをとった時点で当選が確定します。S・Mさんは2009年11月にドリームメールに登録、なんと“登録後半年”でのスピード当選となりました! 過去の当選者インタビューを読んで、インタビューの受け答えをシミュレーションしていたというS・Mさんのインタビューをお届けします。

誰か他の人が当選確定したお知らせだと思ってメールを開くと「おめでとうございます!」の文字が。震える手で当選手続きを行いました

―当選通知を見たときのお気持ちをお聞かせください

仕事の昼休みにメールをチェックしていたら「当選のお知らせ」というメールが届いていたので、てっきり誰かが当選確定したと思ったんです。それで、「誰が当選したんやろ?」と思ってメールを開いたら「おめでとうございます!」と書いてあって。「ウソやろ!?」と手が震えました。再抽選になっていたのは、初回抽選の当選者が当選手続きをしなかったから。自分は当選権利が失効しないよう、「ちゃんと手続きしなければ!」と思いました。

―当選をどなたかに伝えましたか。そのときの相手の反応はいかがでしたか

とても黙っていられないと思ったので、当選手続きをしたあとすぐ、カミさんに電話しました。カミさんはパソコンをしないので、ドリームメールのことは知らなくて、当選を信じていませんでした。帰宅後、ドリームメールのサイトを見せて、こういうサイトで、これだけの人が当選していて、と説明したのですが、今日、スタッフのみなさんが来られるまで、彼女は半信半疑だったかもしれません。

今回の1000万円はたまたま与えられたお金。自分のためじゃなく、自分の周りの大切な人のために使いたい

―1000万円の使い道を教えてください

自分でネットショップを運営しているので、商品の外箱やギャランティーカードなど、お客様に喜んでもらえるものを作りたいです。それから、母が仕事で独立して起業するので、その援助ができれば、と思っています。たまたま与えられたお金なので、自分のためじゃなく、自分の周りの大切な人のために使いたいですね。あとは、旅行にでも行きたいね、とカミさんと話しています。こんなに多額のお金を持ったことがないので、ほかには使い道が思いつきません(笑)。


―当選確定から今日の目録贈呈までのあいだに、なにか買ったりしましたか

当選が確定した日の帰り道、普段は1000円分しか入れない車のガソリンを、満タン入れました!(笑) それ以外はなにも買っていません。カミさんが財布を握っていて、1000万円が入金されてからも3万円の小遣いは変わらないと思うので、特に生活は変わらないと思います。

「現金1000万円」というケタはずれなプレゼント、自分が当たるとは思いませんでしたが、“夢がある”と思ってドリームメールに登録しました

―ドリームメールからのメールは読んでいますか

よく読みます。仕事の休み時間にメールをチェックして、プレゼントも必ず応募しています。メールでは、「くじ付き当選発表メール」がおもしろいですね。自分もウェブサイトを作っているので、ウェブのおもしろい仕掛けに興味があります。あのくじを引くのは、毎回ワクワクします。

―普段から、宝くじを買ったり、懸賞に応募したりしますか

宝くじはときどき買いますが、まったく当たったことはありません。ナンバーズやスクラッチも当たったことはありません。たくさん買えば当たるわけではないと思うので、夢があればいいな、と一口ぐらいしか買わないのですが、自分は当たらない宿命なんだと思っていました。それが、今年2月に、JCBギフト券10万円分が当たったんですよ! それに続いてこの1000万円当選なので、カミさんは「なにが起こってるんやろ? 宝くじでも買ったら?」と言ってます。


―半年前にドリームメールに登録されたばかりのS・Mさん。登録されたきっかけはなんですか

「現金1000万円」というケタはずれなプレゼントですね。自分が当たるとは思いませんでしたが、なにより夢があるし、当たるとおもしろいな、と思って気軽に登録しました。ドリームメールは登録するだけで抽選対象になって、追加でなにかしなければならないような余計な作業がなかったので、むしろ安心できました。プレゼントも、「宝くじ1000枚」など、夢があっていいですね。モノそのものよりも、夢があるプレゼントがいいです。

第一印象はイマドキの若者風のS・Mさん。お話をうかがっていくうちに、ご家族思いで誠実な人柄がとてもよく伝わってきました。写真撮影でもたくさんのポーズをとってくださり(すべてお見せできないのが残念!)、インタビューのシミュレーションもしてくださっていただけあり、充実したインタビューとなりました。

インタビューの最後に奥様に買いたいものをおたずねしたところ、「私の車を買い替えたい」と。予想もしていなかった言葉にS・Mさんもビックリ! 果たして1000万円はどのように使われるのか!?
追っかけインタビューもお楽しみに♪♪ (編集部)

4月の「第39回 現金1000万円プレゼント」の当選者、S・Mさんに、現金1000万円の使い道や、生活の変化についてお聞きしました。目録贈呈から約3ヶ月経ったS・Mさんの“今”をお届けします!

― 「現金1000万円」の入金確認は、どなたがどのようにされましたか。また、そのときのお気持ちは?
入金当日、奥さんが銀行に行って確認してきてくれました。彼女は意外と冷静で、「入金されてたよ」とあっさり言ってました。
― 当選前と当選後で、生活や気持ちに違いはありますか
まったく何も変わりません。3万円の小遣いも増えていません(笑)。
― 現金1000万円は何に使いましたか
5月の目録贈呈の際に話したとおり、母の仕事の足しになればと、30万円ほど小遣いを渡しました。ドリームメールで1000万円に当選した話はしていません。話して「もっとくれ」と言われたら困りますから。
― 残りのお金を今後使う予定はありますか
自分でオリジナルジュエリーのネットショップを運営しているのですが、ジュエリーの外箱やギャランティーカードなど、お客様にもっと喜んでもらえるような、ショップツールを作ります。いま、サンプルをたくさん取り寄せて、準備を進めているところです。それから、プロのカメラマンさんに商品を撮影してもらって、サイトをリニューアルします。より高級感のあるシチュエーションをプロデュースしてもらうため、スタイリストさんもお願いする予定なんですよ。お客様が商品を手にしたときに、「期待していたより良いものだ」と満足していただけるように、自分の手がけるジュエリーのブランド力を高めたいですね。今回現金1000万円が当たり、自分のやりたいことが実現できるのは、本当にありがたいと思っています。 あとは・・・、仕事が忙しくてなかなか実現していませんが、家族で旅行に行きたいと考えています。
― 目録贈呈の際、奥様が「私の車を買い替えたい」とおっしゃっていましたが、車は買い替えられたのですか
買い替えていません。壊れるまでは乗ってもらうつもりです。でも・・・もうすぐボクの車がダメになりそうなので、そのときには、彼女に新しい車を買って、ボクが彼女の車に乗ることになると思います。
― 1000万円当選後、ほかの懸賞にも当選されましたか
応募してますよ。もちろん、「第40回 現金1000万円プレゼント」の再抽選にも応募しました。当たってはいませんが。でも、宝くじなどは買うようにしています。サマージャンボも、当たると有名な各務原のタバコ屋さんまで行って買いましたよ!
― 現金1000万円当選を楽しみにしているドリームメール会員に一言お願いします
フリーメールアドレスでも、おろそかにしちゃダメ! メールは絶対チェックしたほうがいいです。 あと、当たった時の心臓への悪さはハンパじゃないので、覚悟してメールを見るほうがいいですよ(笑)。あんなにドキドキすることは、ほんとにありませんから!
みなさまの声をお聞かせください

「こんな企画があったらいいな」「この機能が欲しいな」などなど、ドリームメールをご利用のみなさまのご意見を聞かせてください。
(こちらの投稿にご返事はいたしておりませんが、スタッフがすべて拝見しています。)
◇ご利用に関するお問い合わせは、こちらの専用ページからお願い致します。

[ とじる ]