事前にチェック!宝くじに当選したら、税金ってどうなるの?

  • go
  • li

「捕らぬ狸の皮算用」という、ことわざがありますが、宝くじを買うときはつい高額当選したときのことを、あれこれシミュレーションしちゃいますよね。あれを買おうか、それとも手堅く貯金しようか、などなど。当たってもいないのに、妄想するだけで心が躍ります。と、同時に税金のことも気になりますよね。ごそっと税金が引かれて、手取りが少ないのでは?とか、所得が急に増えて、所得税や住民税が高額になってしまうのでは?とか、そんな税金の心配が頭をよぎります。本当のところ、宝くじの当選額と税金はどんな関係にあるのでしょうか? 当たったときに備えて、事前に皮算用しておきましょう。

宝くじと所得税・住民税の関係は? 確定申告は必要?不要?

結論から言えば、宝くじの当選金には、所得税や住民税がかからず、非課税となります。宝くじに関する法律「当せん金付証票法」の第13条には、「当せん金付証票の当せん金品については、所得税を課さない」と記されています。つまり、宝くじでどれだけ高額当選しても、当選した金額すべてを手にすることができます。もちろん年度末に確定申告をして、追加で税金を支払ったりする必要もありません。ちなみに懸賞金や福引き、あるいは競馬などの配当金については、「一時所得」となり、宝くじとは違い、課税の対象になります。

ただ、宝くじの当選と税金が、一切関係がないのかというと、そうではありません。宝くじと税金には意外と知られていない事実があります。それが、宝くじに当選したあとの行動によって発生する贈与税やその他の税金です。

宝くじ、実はすでに税金を支払っている!?

まず宝くじを購入する際、購入者が税金を支払っています。実は、宝くじの購入代金の40パーセントが住民税となっており、気づかぬうちに税金を支払っていることになります。宝くじ売り場で、宝くじは地元で購入しましょうと書かれたのぼりを見かけたことがないでしょうか? こんなのぼりが掲げられている理由は住民税にあるのです。ちなみに宝くじの税金は販売額を100パーセントとした場合、以下のような内訳になります。

・住民税:40パーセント
・払い戻しの当選金率:約45パーセント
・販売店側の手数料:残り(約15パーセント)

つまり宝くじの大半は住民税にあてられていて、高額当選者に直接課税するのではなく、販売額のほうに課税されているわけです。この方式のほうが結果的に税収が多くなるので、こちらが採用されているのかもしれません。何気なく宝くじを購入している方は、意外と知らないのではないでしょうか?

宝くじの当選額を誰かに渡した場合の贈与税について

また、購入や当選に直接関係しませんが、宝くじにまつわる税金もうひとつあります。それが贈与税です。贈与税は誰から財産をもらったときにかかる税金で、1年間にもらった財産の合計額が110万円を超えるとかかります。高額の宝くじが当たったら、周りの家族にもおすそ分けしたくなるかもしれません。ですが、宝くじも贈与税の対象になるわけです。気になる税額ですが、贈与税は「(贈与額—基礎控除額110万円)×税率—控除額=贈与税」となります。贈与した額から基礎控除額の110万円を引いた額が、200万円以下なら10%で控除額はなし。300万円以下なら15%で10万円の控除があります。その後も金額によって税率は上がり、最大で55%になります。

ちなみに、贈与税は財産をもらう相手によって若干ですが、税率が異なります。兄弟間の贈与、夫婦間の贈与、親から子への贈与で子が未成年者の場合などには一般贈与財産用として扱われ、一般税率で計算します。もし、祖父母や父母など(直系尊属)から20歳以上の子どもや孫に贈与した場合には、特例贈与財産用となり、税率が変わります。

・贈与税=(贈与額—基礎控除額110万円)×税率—控除額

これは受け取った側が支払う税金ですが、もし1億円当選し、半分の5000万円を妻に贈与したら、(5000万円—基礎控除額110万円)×税率55%—控除額400万円で、2,289.5万円の贈与税がかかる計算になります。

ただ、当選金を分配したからといって、必ず贈与税がかかるわけではありません。実は贈与税が掛からない方法があります。それが共同購入です。共同購入では、宝くじを一緒に購入した全員が購入者となるため、当選金をわけても贈与税が掛かりません。そのため当選金を渡したい相手がいるときは、あらかじめ共同購入にすることで、贈与税の対象とならずに、当選金の受け渡しができます。

このとき注意すべきは、銀行から当選金を受け取る人だけが非課税となるという点です。つまり共同購入にするのなら、購入者全員で当選金の受け取りに行き、宝くじ高額当選証明書に共同購入した全員の名義と分配金額を記入する必要があります。あとになって贈与税がかかるからといって「実はあの宝くじは共同購入したものだった」と言うことができない仕組みになっています。もし税務署から当選金の贈与について問いただされたとしたら、この宝くじ高額当選証明書を持っていれば、無用なトラブルを避けることができるわけです。

そのほか宝くじの当選金額を含めて家族や親族などで資産を相続した場合には、相続税が発生します。当選したときには贈与しなくても、その後、資産の相続をすれば、他の資産と同様に宝くじの当選金も相続税の対象になるわけです。当選金は貯金しておいて、いずれ子どもに相続させたいといった考えをお持ちの方は、注意が必要です。大きな資産を残したつもりでも、結局は税金が差し引かれて、思ったよりも手元にお金が残らないかもしれません。

宝くじの当選後にすべきこと

宝くじの当選金自体は非課税ですが、思いがけないところで税金がかかってくることがあります。誰かに渡した場合の贈与税や相続税の話ではありません。銀行に預けた当選金の利子にかかる税金です。当選した高額の当選金を銀行に預け、利子を得ようと考えたとします。当然、当選金には税金がかかりませんでしたが、このときの利子は当選金とは別の収入とみなされます。利子所得には別途、税率約20パーセントの税金が発生します。宝くじ当選金は非課税ですが、そこから発生した所得については、課税対象になるわけです。

なお、宝くじに高額当選すると、当選したという事実は金融機関から税務署に通達されます。そのため、贈与されていないかといった使い道を含め、税務署から監視されることになるでしょう。100万円以上当選した方は、宝くじ高額当選証明書を必ず発行してもらい、きちんとお金の出どころを証明できるようにしておくことが大切です。

まとめ

宝くじの当選額と税金の関係。知らないままだと損してしまうかもしれません。せっかく当選したのですから、できれば税金として目減りさせず、全て上手に使いたいものですね。

こちらの記事もどうぞ

  • go
  • li
\“1000万円分ジャンボ”、応募した?/
ご意見箱 みなさまの声をお聞かせください

「こんな企画があったらいいな」「この機能が欲しいな」などなど、ドリームメールをご利用のみなさまのご意見を聞かせてください。
(こちらの投稿にご返事はいたしておりませんが、スタッフがすべて拝見しています。)
◇ご利用に関するお問い合わせは、こちらの専用ページからからお願い致します。

[ とじる ]