宝くじむかしばなしその2〜近代宝くじのルーツ、「政府第1回宝籤(たからくじ)」について調べてみた〜

  • go
  • li

こんにちは。
10月5日に発売されたミニスーファミが欲しくて欲しくてたまらないちゃんやまです。
デフォルトでスーパーマリオワールドやマリオカートなどのヒットタイトルがなんと21本も収録されているのも嬉しいところ☆
予約販売は2時間あまりで完売してしまったので、手に入るのはもう少し先になりそうです。。転売屋さんの買い占めうらめしや(´・ω・`)

UT氏も購入を検討しているようなので、いつかマリオカートのお手合わせを願いたいです(笑)

さてさて、以前に「江戸時代の宝くじ」について書かせていただきましたが、今回は近代宝くじのルーツとして戦後始まった「政府第1回宝籤(たからくじ)」についてご紹介させていただきたいと思います。

「政府第1回宝籤」って?

江戸時代に広まった「富くじ」、そして戦時中に発売された「勝札(かちふだ)」を経て、近代宝くじのルーツとなる「政府第1回宝籤」が誕生したのは今から約72年前。
1945(昭和20)年 10月29日に、戦後初の“宝くじ(宝籤)”として発売されました。

終戦から2ヶ月という急ピッチでの発売になったのは、宝くじ公式サイトによると「戦後の激しいインフレ防止のため浮動購買力吸収の必要性が大きくなったため」とのこと。
…とどのつまりは「今お財布にあるお金、ちょーだい(・∀・)」ということですネ。

※ちょこっと豆知識※
このころ各都道府県でも戦災による地方自治体の復興資金調達をはかるため、独自に宝くじを発売できるようになり、現在のブロックくじの原型となりました。

ブロックくじってなに?と思った方はこちらも読んでみてくださいね★
>>仙台で「スクラッチくじ」買ってみた〜おみやげ付き♪〜

どんな内容で行われたの?

★単価  :1枚10円
☆発行日 :1945年10月29日
★抽選日 :1945年11月12日
☆発行枚数:1000万枚
★消化割合:0.86

発行日から抽選日まではなんと15日間!
ちなみに今年のサマージャンボは、発売日の7月18日から抽選日の8月20日までは計34日。
発行枚数は桁違いに違うとはいえ、かなり短期間で行われたとことからも政府がいち早く“お金”を集めたかったことが伺えます。

気になる当選金額は?

1等:賞金10万円
+カナキン(純綿キャラコ)2反。

特典:はずれくじ4枚でタバコ10本と交換

賞金だけでなく副賞として品物があることにびっくり!なかなか聞き慣れない言葉ですが、「カナキン」とは、シャツや肌着や子供の服から、ふとん地・ふろしき地まで幅広く使われる綿布のこと。今使える“日用品”が欲しいという当時の方々の切実な様子が伝わってきます。

また、はずれくじの多くがタバコと引き換えられたため、残存枚数は少なくなっているそう。
もし持っている方がいましたら、大変希少なものですので大事になさってくださいね^^

参照:宝くじ公式サイト
http://www.takarakuji-official.jp/about/history/ayumi/
参照:ドリームウェイ
http://takarakuji-dway.com/trivia/trivia02.html
参照:宝くじ、収集中。
http://lotology.at.webry.info/200603/article_1.html

番外編:近代宝くじの最高当選金額の歴史

「政府第1回宝籤」を調べて、ちゃんやまが1番気になったのはやっぱり当選金額。
今と昔とではもちろん貨幣の価値も違いますが、当選金額はどんなふうに変わっていったんだろう。。

と、気になってしまったらとことん調べてしまうIT女子(笑)
せっかくなのでこちらにまとめてみました。

\よいしょ/

こうやってみると、近年当選金額はうなぎのぼりで上がっているのですね。
近年はジャンボ宝くじで当選金額が大幅に上がっている傾向があるので、今後はどのジャンボ宝くじから当選金額アップがあるのかますます期待が高まります…♪(わくわく)

さらに副賞付きの宝くじに着目すると、住宅をプレゼントしていたことも!
資料が少なく表には書けなかったのですが、東京オリンピック開催を控えた1963年(昭和38年)にはオリンピック入場券を付けた宝くじが発売されたりと、そのときの時代を反映するものがチョイスされているもよう。2020年の東京オリンピックでも同じような入場券付きの宝くじがあったらいいなぁ♪とひそかに願うちゃんやまなのでした。

 

参照:宝くじ公式サイト
http://www.takarakuji-official.jp/about/history/013.html
参照:戦後昭和史
http://shouwashi.com/transition-takarakuji.html

これにてちゃんやまの宝くじむかし話はおしまい★

もっと宝くじの歴史を知りたい方は、UT氏が紹介している宝くじ博物館にもぜひ行ってみてくださいね♪
>>宝くじドリーム館 大阪 へ行ってみた!

そしてそして、宝くじといえば…やっぱり忘れてはいけないのが、応募締め切りまであと1ヶ月を切った“1000万円分ジャンボ”!

↓ ↓ ↓
>>まだ応募していない方はふるってご応募くださいね<<

こちらの記事もどうぞ

  • go
  • li
\“1000万円分ジャンボ”、応募した?/
ご意見箱 みなさまの声をお聞かせください

「こんな企画があったらいいな」「この機能が欲しいな」などなど、ドリームメールをご利用のみなさまのご意見を聞かせてください。
(こちらの投稿にご返事はいたしておりませんが、スタッフがすべて拝見しています。)
◇ご利用に関するお問い合わせは、こちらの専用ページからからお願い致します。

[ とじる ]