宝くじを買うならやっぱり「大安」がいいの?

  • go
  • li

こんにちは。さわふじです。宝くじを買う日は「大安」が多いですよね?宝くじの販売店舗でも「本日大安吉日!」と猛プッシュしてくることもあってか、心理的にも買うんだったら大安で、それ以外の日は「当たらなそうだから買わない」と当たったことのないクセにそんなことを考えてしまいます。特に長蛇の列ができている“よく当たる”とされる店舗を通った時なんかは「おっ、今日は大安か。ここを通ったのも何かの縁…!」と思ってついつい並んでしまうんですよね(笑)

ところで“大安大安”ってよく聞きますが、大安って何なの?宝くじが当たりやすいことと本当に関係があるの?それ以外の日に買っても当たらないの?などと思うことがあります。大安以外にも先負とか仏滅とかよく耳にしますが私自身、正確な知識がないからだろう。つい「大安」=「激アツ」と捉えて翻弄されてしまう。。

大安以外にも縁起が良くて宝くじを買うのに適している日ってありそうですよね?この機会にいろいろと調べてみたので紹介します!

まず、そもそも大安は 六曜(ろくよう)と呼ばれる中国で生まれた暦注の一つだそうです。

六曜の種類と意味

「大安」以外にも「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「赤口」の6種の曜があるそうです。それでは六曜のそれぞれの読み方と意味について説明していきますね。

◆先勝(せんしょう・さきがち)
「先んずれば即ち勝つ」何事も急ぐことが良いという意味。特に午前中は「吉」とされ、14時~18時は「凶」となるそうです。

◆友引(ともびき・ゆういん)
「凶事に友を引く」という意味。元々は、勝負事をしても引き分けになる日という意味から共引とされていたため、現代の意味とは違う使われ方をしていました。友引は、大安に続く吉日。朝は「吉」、昼は「凶」、夕方は「大吉」なので、昼は避けた方が良いそうです。

◆先負(せんぶ・さきまけ)
「先んずれば即ち負ける」先勝と正反対の意味。何事も急がず、慌てず、騒がず、控えめに過ごすことが吉とされている日。午前は「凶」とされ、午後は「大吉」となるそうです。

◆仏滅(ぶつめつ)
「仏も滅するような大凶の日」という意味。何をしても最悪とされるため、特に結婚式や結納などは避ける傾向にあります。また、仏滅=物滅として、それまでの物事が滅び、新しく始まるという解釈もあって、大安よりも結婚や引っ越しには最適の日だと考えることもあるそうです。仏滅の捉え方は人それぞれ違うそうです。

◆大安(たいあん・だいあん)
「大いに安し」という意味。何をしてもうまくいく、成功するとされる日で、六曜の中で最も吉の日となっています。新しい物事を始めるにもよい日と言われているので、引越しや地鎮祭、お参りなどを行う際に大安を選ぶ傾向にあります。

◆赤口(しゃっこう・しゃっく・せきぐち)
「万事に用いない悪日」という意味。陰陽道の赤舌日が由来となっていて、赤舌日とは羅殺神が支配する不吉な日となっています。赤口は、厄日とされ、何をするにも止めた方がよいと言われていますが、11時~13時まではかろうじて「吉」、それ以外の時間帯は「凶」となるそうです。
宝くじを買う日は「大安」が間違いなく適しているのはわかりましたが、

午前なら「先勝」「友引」
午後なら「先負」「友引」

も負けじと良いこともわかりました!

ちなみに2017年9-12月の「大安」は次のようになっています。

9月1日、7日、13日、19日、23日、29日
10月5日、11日、17日、22日、28日
11月3日、9日、15日、19日、25日
12月1日、7日、13日、18日、24日、30日

六曜以外にも金運が特に「吉」とされる日が他にもあるそうです。せっかくなので紹介しますね!

六曜以外の金運が良い日

◆一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)
一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味。 一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。

9月5日(火)13日(水)18日(月)25日(月)30日(土)
10月7日(土)10日(火)13日(金)22日(日)25日(水)
11月3日(金)6日(月)7日(火)18日(土)19日(日)30日(木)
12月1日(金)14日(木)15日(金)26日(火)27日(水)

◆天赦日(てんしゃび)
百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ「最上の大吉日」。天赦日は日本の暦の上で最上の吉日とされており、新しい何かをスタートさせたり躊躇していたことに挑戦するにはもってこいの日。

9月18日(月)
12月3日(日)

◆巳の日(みのひ)
芸術や財運を司る弁財天(べんざいてん)という神様に縁のある十二支の1日で12日ごとに巡ってきます。巳(み)の日に弁財天の遣いである白蛇(巳:へび)に願い事をすれば、その願いが弁財天に届けられると言われており、金運・財運にまつわる縁起のいい吉日のひとつとされています。

9月3日(日)15日(金)27日(水)
10月9日(月)21日(土)
11月2日(木)14日(火)26日(日)
12月8日(金)20日(水)

◆巳巳の日(つちのとみのひ)

60日に一度やってくる己巳(つちのとみ)の日という日は、巳の日のなかでもさらに縁起のいい弁天様の縁日。弁財天をお祀りしている神社は必ずこの日に催事を行うそうです。

10月9日(月)
12月8日(金)

◆寅の日
十二支の寅(とら)にあたる日で、12日ごとに巡ってくる吉日。虎は一瞬で『千里を行って千里を帰る』チカラを持つとされ、このことから「この日に旅行に出かけると安全に帰ってくることができる」といわれています。また、黄金色にシマ模様の虎さんは『金運の象徴』。寅の日に財布を買うと、「出て行ったお金を呼び戻してくれる」というゲン担ぎもあるほど。

9月12日(火)24日(日)
10月6日(金)18日(水)30日(月)
11月11日(土)23日(木)
12月5日(火)17日(日)29日(金)

【結論】宝くじはこの日に買おう!

単純に大安の日に買わずに、それぞれの縁起の良い日が重なる日を狙って買えば当選確率もアップするかもしれません!縁起の良い日が重なる、宝くじを買うオススメ日は次の通りです!

9月13日(「大安」+「一粒万倍日」)
9月18日(「一粒万倍日」+「天赦日」) ※超激アツ!
10月22日(「大安」+「一粒万倍日」)
11月3日(「大安」+「一粒万倍日」)
11月19日(「大安」+「一粒万倍日」)
12月1日(「大安」+「一粒万倍日」)

私は9月18日に何らかの宝くじを買おうと思います!
みなさんも宝くじを買う時の参考にしてみてください。

※参考(Today`s Trend News)
https://trend-news-today.com/3307.html

こちらの記事もどうぞ

  • go
  • li
\“1000万円分ジャンボ”、応募した?/
ご意見箱 みなさまの声をお聞かせください

「こんな企画があったらいいな」「この機能が欲しいな」などなど、ドリームメールをご利用のみなさまのご意見を聞かせてください。
(こちらの投稿にご返事はいたしておりませんが、スタッフがすべて拝見しています。)
◇ご利用に関するお問い合わせは、こちらの専用ページからからお願い致します。

[ とじる ]